企業でのプリンター

カラータイプ

オフィスプリンターとは、企業の事務で主に使われる大型の複合機が一般的です。
最近はビジネスインクジェットプリンターが登場し、用意、インク、といったランニングコストの低価格化や、消費電力を抑える省エネ性の高さが注目されています。
オフィス向けプリンターは、とにかく素早く大量の資料をコピーする事が重要でした。その為コピーの機能が重視されていました。
しかし近年では、オフィスプリンターとして小型化した複合機や、機能を一部排除したコンパクトモデルが登場しました。
一昔前まではレーザープリンターが印刷速度を上回っていましたが、ランニングコストが高価でメンテナンスを必要なレーザープリンターより、インクジェットプリンターを導入する企業が増えてきました。

レーザープリンターとインクジェットプリンターを比較すると、インクジェットプリンターは印刷速度に時間がかかってしまうが、省電力、ランニングコストの面ではレーザープリンターに勝ります。
レーザープリンターは、印刷速度は早いですが、消費電力の大きさとランニングコストの高さ、本体価格も高価でした。
レーザープリンターの印刷速度の速さの仕組みとして、レーザーを利用した、ページプリントが挙げられます。
ページプリンターとは、印刷イメージを1ページ単位行うので印刷が早くなります。しかし、レーザープリンターはレーザー光と熱を使うので消費電力の高さがネックになりました。
一方インクジェットプリンターは、レーザープリンターとは違い、ページ毎ではなく、どちらかというとライン毎に印刷を行います。
その為、印刷速度が遅くなってしまします、しかしレーザープリンターと違いレーザー光を使わない方式なので消費電力が安くなります。
省エネ性が重視されている現在では、インクジェットプリンターの省エネ性が注目されています。

そこで近年ビジネスインクジェットプリンターというオフィスプリンターが出てきています。
このビジネスインクジェットプリンターはレーザープリンターと比較しても、遜色ない印刷速度を持ち、省エネ性もそのままを実現しました。
また、文字やイメージの印刷解像度もレーザープリンターと比較しても劣ることはありません。
ビジネスインクジェットプリンターには、顔料インクが使われていて顔料インクの耐水性が注目されています。

オススメリンク

会社で印刷する

新たなプリンター

最近オフィスプリンターとして注目されたビジネスインクジェットプリンターは、印刷速度の速さや消費電力やコストといった面で注目されています。
レーザープリンターをインクジェットプリンターに置Read more

コピーのボタン

レザープリンター

オフィスプリンターとして活躍しているレーザープリンターは、オフィスプリンターとして必要な機能を備えていると言えます。
オフィスでの印刷される文書は比較してもそのほとんどがA4サイズの文書Read more

関連リンク